バリアフリー住宅施工例
 「車イスで生活できる家」をテーマに、段差の解消や手すりの設置、十分な通路幅の確保等、全ての世代が暮らしやすいユニバーサルデザインを採り入れたバリアフリー住宅です。

《バリアフリー住宅のこだわりPoint》
車イスでも移動がしやすい
ゆとりの生活動線設計
スムーズに介護が行える
広々とした水廻り空間
畳の縁に腰掛けられる
段差を設けた和室

手摺・式台を備えた「玄関」

 上がり框は、足下の段差を少なくして昇降時の負担を軽くする式台を設けています。
 また壁面には、体勢を整えて昇降時の安全性を確保する、握りやすい太さの手摺を備えています。

車椅子でも楽に通れる幅の広い「廊下」

 全ての部屋へと続く廊下は、1.365mの広い幅を確保しています。
 床には滑りにくいフローリングを採用して、荷物を持って移動する時や、車椅子でも楽に通ることができます。

段差を解消したフラットな「間口」

 部屋と廊下を結ぶ間口部分は段差を取り除いたフラット設計です。
 つまづきや転倒などの事故発生を回避するとともに、車椅子でもスムーズに移動できるように配慮しています。

温もりが伝わる天然木の「腰壁 」

 廊下の壁面下部には、高品質な天然木の腰壁を施してあります。
 合板パネル材では表現できない独特の温もりと豊かな風合いに満ちた上品な空間を創出しています。

格調高い本格派の「和室」

 雪見障子を通して優しい自然光が降り注ぐ明るい縁側に接した和室は、床の間、仏間を備えた本格派です。
 襖上部には美しい欄間を備えており室内全体に格調高い和風情緒があふれています。

使い勝手の良い「3部屋続きの和室」

 1.5帖サイズの大型押入を備えた和室を中心に、3部屋続きで和室を配置しています。
 必要に応じて襖を外すと、最大18帖の大広間としても利用できるフレキシブルな空間設計です。

天然素材の「聚落壁」を全ての和室に採用

 和の情緒を引き立てる天然素材利用の聚落壁を全ての和室の壁面にコテ仕上げいたしました。
 落ち着いた雰囲気を醸し出すと同時に、調湿機能で室内の湿度調節にも役立ちます。

ゆとりの広さで段差のない「洗面室」

 洗面室を中心にトイレ、浴室を一体化させたサニタリー空間を実現しています。
 それぞれに広い間口と充分な空間を確保して、車イスでの利用や介助に配慮したゆとりを確保しています。

便利な手摺と温水洗浄機能付の「トイレ」

 垂直と水平の2方向に手摺を設置すると共に、広い間口や床段差の解消等車椅子対応のバリアフリー設計です。
 使用後に温水シャワーで洗浄して温風で乾かす快適な温水洗浄便座も設けています。

介助も楽な16・20サイズ「ユニットバス」

 入浴時の介助が行いやすい1.6m×2.0mサイズのユニットバスを採用しています。
 浴室内での安全性を確保するため、3カ所の手摺設置や洗面室との床段差解消で配慮しています。

対面ハッチ付の機能的な「キッチン 」

 クリーンな人造大理石天板を備えたYAMAHAハイグレードシステムキッチンを採用しています。
 収納に加え対面カウンターにも使えるキッチンハッチも背面に併設しています。

腰を掛けられる段差を設けた「和室 」

 居間・食堂に隣接する和室は、床面を高めに設計して段差を設けることで、縁に腰を掛けられる間口を確保しています。
 椅子感覚でゆったりとくつろぐことが出来ます。

居間・食堂 の中央に配置した「掘こたつ」

 居間・食堂の中央には、家族の団らんに最適な掘こたつを設置しています。
 足元から暖まる掘こたつは室内の空気も汚さずに、足元から暖まり健康面でも優れた機能を持っています。


「バリアフリー住宅」に関する
お問い合わせ・見積りのご依頼は

E-mail info@okamotokenzaiten.co.jp
TEL 0566(21)2739(代) FAX0566(22)2464


住宅事業部MENU 新築注文住宅 住宅リフォーム 一般定期借地権(定借) 付住宅

Copyright(c)2009 OKAMOTOKENZAITEN Corporation All Right Reserved